平塚新港

2007.8.11平塚サーフ

この日は、平塚新港と相模川河口の間のサーフで17時頃から釣りをした。事前に、Google Earthで、サーフが有るかどうか確認した上で、釣行に望んだ。人も少なかったが、ものすごい波で、満潮近い時間ともかさなっていたため、厳しいコンディションであった。波のうねりにより、竿先が大きくしなるため、魚の引きがあっても、全く判別できない状態であった。そんななか、なんとか、小さなフグを1匹釣り上げることができたが、その後はさっぱりであった。大学時代の友人S氏もやってきて、初めて投げ釣りをするということであったが、すでに、竿をポッキリ折ってしまっていた。事情聴取をすると、リールのベールを起こさずに思いっきり投げてしまったようである・・・。私のチョイ投げ竿を貸してあげ、基本動作を教えると、なんとか投げれるようになってくれた。その後、S氏は、やはり夜釣りはまだ早いということで、20時頃には切り上げてしまった。私は、場所を換えて23時頃まで粘ったが、だめだった。

釣果:フグ1匹のし

| | コメント (0)

2007.8.5平塚新港

今日も、昨日の強い引きが忘れられず、再度、平塚新港に釣行にいった(好きだの~)。昨日と同じく、夕まづめ時を狙って、17時頃から昨日と同じポイントでコマセ釣り&チョイ投げを行った。昨日は、コマセを撒くと、小メジナがドット沸いてきたので、今日もすぐに同じような状況になり、釣れるだろうと高をくくっていた。が、何故か今日は全く、魚が寄り付かない状態。いつかはきっとくるだろうと、ひたすらコマセを撒き続けたものの、結局、最後まで一匹も姿を現さなかった。1日違うだけで、全く状況が変わるものなのか、と改めて釣りの難しさを痛感した。一方、チョイ投げの方は、昨日、キス仕掛けでの失敗を教訓に、丸セイゴ針12号、ハリス3号の胴突きしかけを用い、これなら安心して大物と渡り合えるということで、万全を期した。と、開始後、1時間程して、いきなりシーバスロッドがしなっていることに気づき、急いで竿を立てると、待望の強烈な引きが来た~~。今日こそは絶対に釣り上げるぞ!といことで、追い合わせをして慎重にやり取りを開始した。途中、ドラグからラインがすべっていくのを感じたが、あわてずに、とにかく堤防の下に逃げ込まれないようにロッドを操作していると、2分程して、奴はついに根を上げて、姿を現したのである。それは、シーバスではなく、エイであった。この、底に向かって強く逃げ込もうとする引かれ方は、エイだと判明し、今までも、何度か同じようなあたりはおそらく、エイであったのかもしれないと感じた。しかしながら、この強烈なファイトを初めて制覇することができ、嬉しい限りである。やはり、こういうやりとりを積まないと、上達はないと思う。次に、シーバスがかかっても、少しは安心してやりとりが出来そうだ。(エイの大きさは、ホームベースのような顔の部分だけで50cm程度。相当、強烈なファイトであるが、シーバスの50cmと比べるとどうなのだろうか?楽しみである。)途中、学生さんがやってきて、玉網をとってくれて、無事にランディングにも成功。初めての玉網使用はエイに輝いた。尾に毒針があるために、慎重にペンチで針を取り除き、写真撮影をして、海に逃がしてあげた。

その後、暗くなっていよいよルアー釣りをしようと思ったところ、稲光がすごく、また、突如、突風が襲ってきたため、20時頃には退散することとした。短い時間であったが、非常に有意義な時間であった。帰り道は、茅ヶ崎の花火大会があったようで、道路が若干、混んでいたが、今日の成果に酔いながら、帰りました。

タックル:DAIWA PACIFIC PHANTOM-S 9フィートシーバスロッド               

道糸:TORAY シーバスPEライン 1.5号+リーダー フロロカーボン4号

仕掛け:胴突き仕掛け(ハリス3号+丸セイゴ針2本)

釣果:アカエイ1匹(約50cm)、ゴンズイ1

P1000977 P1000978

| | コメント (1)

2007.8.4平塚新港

今日は、大学時代の友人と平塚新港に行った。友人のS氏は、私が誘ったところ、釣りに興味があったらしく、必要な道具などを伝え、現地で落ち合った。とにかく、一匹釣りたいということで、16時頃からサビキ釣りをしようということになった。この日は風が大変強かったが、コマセを入れると、小魚の群れがすごく、入食い状態であった。引き上げてみると、それはなんともかわいらしい小メジナだった。サビキ針に口からかかるのではなく、みな、体などにかかるスレであった。2人合わせて、結局30匹程度は釣り上げただろう。

その後、もっと違う魚ということで、場所を変えたりしていたら、私は、キスと大型のメジナ(20cm)をゲットした。何せ、メジナは初めてであったので、大変嬉しかった。S氏は、シマダイのような魚を釣り上げていた。正式な名前は現在、不明であるので、もし、分かる方がいたら教えてください。S氏は天才かも・・・

それから、キス釣りのためにチョイ投げをしていたところ、大きなあたりがきてしまった!!そう、おそらくスズキだろう。スズキは、暗くなってから初めようとおもっていたのに、弱いハリスの状態で、かかってしまったのだ。S氏に玉網を用意してもらい、あとは、ハリスが切れないことを祈りながらやりとりをしていた。あともう少しというところまできたが、またしてもばれてしまったのである。う~ん、悔しい! 

その後は、ネットオークション(初)で購入したルアーを色々と試したが全くだめであった。が、今日は、大漁であったし、比較的満足な一日でありました。

P1000975_2 P1000973 P1000976 P1000974

釣果:メジナ(20cm)、小メジナ多数、キス1、ゴンズイ1、??1(S氏)

| | コメント (1)

2007.7.21平塚新港&相模川

今日こそは!と、平塚新港に初挑戦。どんなところかと、内心、心配であったが結構広い釣り場であった。人も少なかったが、堤防先端に密集していたため、少し内湾で釣りを開始した。本当は、先端で弓角でワカシなどを狙ってみたかったのだが、1~2人しかはいるスペースがないため、しばらくルアーなどをやっていた。閉門17時となっていたが、一向に帰ろうとする人が少ないため、隣にいた学生さんに、ここは何時までやっていいのですか?と尋ねると、なんと、女性の声で、「私も初めてなので分かりませんが、駐車場が20時までなので、そのくらいまではいいのでは?」との返答。1人でしかもこませなんかを玄人っぽく巻いていたり、風貌も横山やすしっぽいところであったので、てっきり、先入観で男性とばかり思っていて、びっくりした次第。でも、鉄道マニアの女性がいることは聞いたことがあるが、釣りマニアの女性がいることを目の前で見ることができ、すっごく嬉しい気持ちになった。その後、先頭の釣り場が空いたので、ユミ角初挑戦をしたが、全く反応なし。魚がいなきゃ、だめなんだろうな~と思い第1部終了。続いて、いつもの相模川河口に移ってシーバス狙い。この日は、会社の同僚3人と合流してやっていたが、やがて、大雨が降ってきて釣りにならなくなってしまい、ジエンド。しかし、まったく生命反応がなかった。いつになったら、シーバスをゲットできるのか?しばらく、他の釣りで、初心にかえりたいとおもっています。

| | コメント (0)